婦人

炭酸パックが毛穴を丁寧に洗浄してくれる!

負担がかかっている状態

お尻

生活の一つ一つの見直しを

お尻にニキビができてしまうのは、生活習慣が影響しています。ストレスがたまっていたり、暴飲暴食をしている、睡眠不足であるなどの生活の乱れがニキビを生み出します。また、外部からの刺激でもお尻にニキビができます。生理の時にニキビができる人はナプキンでこすれたり蒸れたりするのが原因です。常にできてしまう人は下着の布地があっていない可能性があります。洗いすぎも原因になります。いくら清潔にしたほうがいいからといって、強い洗剤を使うと肌の弱い人は荒れてニキビになります。洗剤の洗い残しも原因の一つとなります。長時間座りっぱなしの仕事をしている人も、自分の体重の負荷によりできてしまいます。こうした刺激の一つ一つが積み重なり、お尻にニキビができます。新陳代謝が活発な年齢、加齢で肌が衰えてくる年の人はできやすいので要注意です。ニキビの原因が長時間座ることによるものだったらお尻の負荷を軽減できる円座クッションなどを利用します。洗剤が原因だったら肌に低刺激のものを利用し洗いのこしがないようにします。生理の時になる人はこまめに替えたり蒸れないタイプのナプキンを選びましょう。ストレスをさけ、甘いものの過剰摂取といった食生活の乱れを正し、夜は寝るように心がけます。下着はなるべく化学繊維ではないものを選びお尻への刺激を避けます。とにかく清潔にして刺激を与えないようにすることが大事なので、クリームを塗るときも低刺激で肌を守ってくれるタイプを選びましょう。